blog

エントリー

店舗設計【クリニック】

 

クリニックの設計デザインで重要なことは、裏動線です。

 

【裏動線】

カウンセリング室、手術室、作業室など

ドクター、看護師が

裏から出入りできる動線を確保します。

床面積的に裏動線を確保することが難しい場合を除き

出来るだけ裏からのアクセスを設けます。

 

 

次に気をつけなければならないのは、通路幅です。

 

【通路幅】

診療科目にもよりますが、

ストレッチャーでの出入りが見込まれる場合は

最低1200の通路幅を確保する必要があります。

特にコーナーを曲がらないといけない場合は、曲がれるスペースを検証しなければなりません。

そして、それに伴い、建具の有効幅も大開口が求められます。

通常の建具では、有効800程度で

ストレッチャーの出入りが難しくなるので気をつけて設計しなければなりません。

 

 

次に受付と待合です。

 

【受付・待合】

受付と待合で、気をつけなければならないことは、

患者さん同士の目線です。

待合の席は、目線が合わないようにレイアウトするとこと、

どこからでも、受付が見えるようにし、

受付にアクセスしやすくすることを考慮します。

また、受付・待合エリアに、

血圧測定器を設けたり、

自動精算機を設けたりすることもありますが、

その際には動線計画をしっかりと考えなければなりません。

受付、待合エリアでは、機能面での設計も重要ですが、

インテリアデザインも、かなり重要になってきます。

クリニックは競争が激しく、

競合に勝つためには、

待合のデザインで他のクリニックと差別化を図ることが要です。

身体に不調があって来られた患者さんに、

少しでも安心してもらえるような、デザインが求められます。

 

また、産婦人科や美容系のクリニックでは、

今までのクリニックとは違うデザイン性の高い意匠が好まれます。

 

 

基本的なことですが、

建築基準法・消防法を考慮することは必須です。

クリニックの場合、室が片側なのか両側なのかで、通路幅が変わります。

病床の数によっても、法規が変わります。

建築の知識も必要です。

慎重に設計しなければなりません。

 

 

最後に、クリニックの設計では、

機能面をクリアすることと、

意匠性の高いデザインができること、

この両者ができなければなりません。

柔軟な発想が求められる業態です。

 

 

 

zeitでは、

様々な店舗設計の実績、

グラフィックなどの二次元デザインの実績を通じて、

柔軟に凝り固まらないデザインをご提案できるよう心がけております。

そして、機能面でのスタディも忘れず日々精進しております。

プチ改装で、より機能的にしたいなどのご要望も承っております。

お気軽にご連絡くださいませ。

店舗設計【物販店】

 

物販店で重要なことは、

VMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)です。

VMDを簡単に言うと、魅せるディスプレイ、魅せる商品陳列です。

 

VMDには、

VP(ヴィジュアル プレゼンテーション)

PP(ポイント プレゼンテーション)

IP(アイテム プレゼンテーション)

といった要素があり、

これらを意識した売場作りが重要です。

 

 

VP

ショーウィンドウや、ファサードデザインなどが、

ヴィジュアルプレゼンテーション(VP)となります。

ディスプレイによって、

ショップのコンセプトにそってイメージを表現し、

ブランドイメージを伝えるものです。

 

お店の顔となり、お客様の購買欲求を増すツールとなります。

そして、ショップに立ち寄るかどうかを判断する材料となります。

店舗を設計する時に、

ウィンドウが映えるデザインにすることが重要です。

 

 

PP

店舗内で、売りたい商品や目立たせたい商品をディスプレイすることが

ポイントプレゼンテーション(PP)になります。

棚の上、柱周りのディスプレイで、

店内で目がいくようディスプレイします。

ディスプレイがあることで、

お客様の回遊性を高め、滞在時間を長くすることができます。

PPは、店舗設計時に、ある程度エリアを決めデザインします。

棚のデザイン、柱周り、壁面のデザインをディスプレイを意識したものにすることで、

よりアピール度の高いショップデザインにすることが可能です。

 

 

IP

商品陳列時にアピールできるディスプレイをすることが

アイテムプレゼンテーション(IP)です。

お客様が手に取りやすい陳列や、

商品比較しやすいレイアウト、

見やすさ、分かりやすさを意識しディスプレイします。

IPは購入率を高める役目があるので、ユーザー目線での設計が重要です。

 

 

物販店の設計では、

上記3点を含んだVMDを盛り込んだデザインをしなければ、

売上を伸ばすことはできません。

VMDをショップのスタッフが日常的に行いやすいように、

店舗設計する必要があります。

 

 

ツァイト では、

意匠的にブランドを表現すること、

動線計画をスタッフと顧客の、

どちらからの目線も理解し設計することはもちろんのこと、

VMDについても、設計時に考慮したプランをご提案いたします。

シャネルやクリスチャンディオールなどのVPや、

量販店、アパレルショップのVMDを行う企業での経験を活かし、

長期的に、顧客を飽きさせないディスプレイを行いやすい

物販店をデザインします。

 

また、小規模物販店、対面販売店での見せ方など

インテリア、ディスプレイデザインだけではアピールしにくいお店には、

グラフィックデザインも含めたご提案をさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください。

https://zeit-design.com/contact.html

 

zeit 藤井

事務所を移転しました

36.jpg

 

シェアオフィスで3年間活動しておりましたが、

この度、シェアオフィスを卒業し、

個人の事務所を構えることになりました。

 

大阪の中心に近い西天満内で、引っ越しをしました。

新住所

530-0047 大阪市北区西天満4-7-13 新老松ビル37号室

 

ただ今、内装をスタッフと一緒に整えている状況です。

 

コロナが落ち着いた際には、

気軽にお立ち寄りください。

 

今後とも、よろしくお願い致します。

 

zeit 藤井

ページ移動

©zeit

top
about

project
 space
 web
 logo
 flyer
 sign

workflow
price
blog
contact