blog

エントリー

ホームページデザイン【リクルートサイト】

 

ホームページのデザインは、

用途によって変わります。

 

企業の顔となる、コーポレートサイト

作品を紹介する、ポートフォリオサイト

商品を販売する、ショッピングサイト(ECサイト)

サービスや、物品販売を目的とした、1ページがものすごく長い、ランディングページ

就職活動者へ向けた、リクルートサイト

 

それぞれ、全く違う見せ方になるので、デザインが大きく変わります。

 

 

【リクルートサイト】

リクルートサイトの、

デザインは、

ターゲットを定めて発信することが重要です。

ターゲットを見誤ったサイトですと

理想の雇用者と出会うことができません。

 

就職支援サイトに掲載をしても

企業ホームページに魅力がないと

応募もなかなか来ないのが

現代のあり方です。

 

企業ホームページは、

コーポレートサイトで述べたように

全ての要素をクリアしたデザインにすることを重視しているので

リクルート向きのサイトではありません。

 

この会社で働きたいと興味を引くコンテンツがリクルートサイトには必要です。

例えば、先輩の声、社内行事の写真、

経営者・役員のコメント、1日の仕事の流れ、

部署紹介など、通常のサイトとは違ったコンテンツを用意し、

興味を持ってもらうことが重要です。

 

そして、コンテンツをより良く見せる工夫が必要になります。

写真の他に、動画を掲載したり、

表示する内容にモーションを付け、

動的なサイトデザインにしたり、

フォーマルなサイトではなく、

少しカジュアルで楽しそうな雰囲気を

デザインで表現します。

 

 

【ツァイトの特徴】

デザイン事務所ツァイトでは、

リクルートサイトの見やすさや、綺麗さ以外にも

閲覧者を喜ばす仕掛けや、

楽しませるコンテンツを一緒に考え

ご提案させていただきたいと考えております。

 

ホームページデザインだけではなく、

飲食店やアパレルショップなどの

リアルな店舗設計で

デザインの見せ方によって、

顧客がどのように動くのか、

その動向をよく観察し分析しております。

 

ホームページデザインだけでは、

見出せないアイデアで、

人の心に響くデザインをご提案させていただきます。

ページ移動

ユーティリティ

©zeit

top
about

project
 space
 web
 logo
 flyer
 sign

workflow
price
blog
contact