blog

エントリー

ホームページデザイン【ショッピングサイト(ECサイト)】

 

ホームページのデザインは、

用途によって変わります。

 

企業の顔となる、コーポレートサイト

作品を紹介する、ポートフォリオサイト

商品を販売する、ショッピングサイト(ECサイト)

サービスや、物品販売を目的とした、1ページがものすごく長い、ランディングページ

就職活動者へ向けた、リクルートページ

 

それぞれ、全く違う見せ方になるので、デザインが大きく変わります。

 

 

【ショッピングサイト(ECサイト)】

ショッピングサイトのことをECサイトと言います。

 

ECサイトで大切なのは、

トップページの印象です。

販売するものにもよりますが、

トップページのイメージで商品のイメージが決まります。

 

アパレル家具雑貨など

センス、好みによって購買が影響される媒体は、

ショップのこだわりが見えるデザインが重要です。

 

その為には、多少費用がかかっても、

写真にこだわってください。

プロのカメラマンによる撮影、

背景、商品を引き立てる小物など

一つの商品の見せ方を

初めに考える必要があります。

そのアイデアをたくさん持っているカメラマンを起用することで

オーナー様が考える負担を軽減できます。

ネットショップは、ほぼ写真で決まります。

良いものでも、写真が良くないと売れません

 

予算的に厳しく、自社撮影の場合も、

写真にこだわってみてください。

まず、使っている人の立場に立つこと、

そして、

使っていることがイメージできる写真を

目指して撮影してみてください。

 

 

次に日用品の販売は、

第一に価格です。

価格競争に勝ったショップが勝ちます。

第二に品揃えです。

目的買いで訪れた顧客に

ついで買いをさせる為には

品揃えが必要になります。


EC
サイトをお考えの方は、

商品、サービスによって

デザインの質が変わります。
高いホームページ制作費を払ってでも

デザイン重視のサイトにするのか

もしくは、

シンプルな作りでホームページ制作費を抑えるのか

まず、考えてみてください。

 

 

ASP

ECサイトはシンプルなものでも、

システムが複雑な分、費用が高くなります。

しかし、現在、ASPといった、
ショッピングカート機能を

無料、有料で提供しているものがあります。

 

ですので、ご自身でネットショップを立ち上げることも可能です。
ただ、このASPの設定、準備も煩わしかったり、
パソコンが苦手な方は、準備段階でストレスを感じます。

一から、ECサイトの制作を制作会社に依頼すると

制作費は、高額になりますが、
ASP
を使った制作を依頼すると
EC
サイトの制作費は、抑えることができます。

初期投資を抑えたい方は、

ASPで頑張ってみてください。
難しいと思われるかたは、zeitにご依頼ください。
オススメのASP(ショッピングカート機能)をご提案します。

 

ページ移動

©zeit

top
about

project
 space
 web
 logo
 flyer
 sign

workflow
price
blog
contact