blog

エントリー

ホームページデザイン【ランディングページ】

 

ホームページのデザインは、

用途によって変わります。

 

企業の顔となる、コーポレートサイト

作品を紹介する、ポートフォリオサイト

商品を販売する、ショッピングサイト(ECサイト)

サービスや、物品販売を目的とした、1ページがものすごく長い、ランディングページ

就職活動者へ向けた、リクルートページ

 

それぞれ、全く違う見せ方になるので、デザインが大きく変わります。

 

 

ランディングページは

1ページに情報を集約したページを言います。

 

【特徴】

ランディングページは、

広告として使用されることが多く、

閲覧者がスクロールして読み進めていくうちに

伝えたい内容を盛り込むものです。

 

過大広告っぽいイメージもありますが、

特殊なサービスの提供や、

通販など、一般ユーザー向けに発信しているサイトが多くあります。

最近では、家庭の水道工事や防水工事、屋根修理など、

家のちょっとしたトラブル修繕の広告を

このランディングページを使って行う企業も増えてきました。

 

ランディングページの良い点は、

1ページに全てがまとまっているので、ページ移動がなく、

スマホでは、

見やすいページとなっている点です。

 

閲覧者の欲しい情報が掲載されているので、

検索ワードに引っかかることが多くなります。

 

また、制作側も広告として伝わりやすい編集を目指します。

そして、お問い合わせに繋がりやすい動線を

1ページの中で作っていきます。

 

普通のコーポレートサイトでは

伝えられなかった具体的な内容を

詳しく伝えられるのが、

ランディングページです。

コーポレートサイトに、ランディングページを組み込む

中小企業も増えてきています。

 

そして、ECサイトとしては、

商品ボリュームがないときに、

こだわりの商品として

販売することに長けています。

 

ランディングページを作る時に考えなければならないことは、

エンドユーザーの「悩み」です。

悩んでいること、困っていることを解決できますよーと謳うことで

受注に繋げます。

ただただ、良いサービス提供していますというページを作るのではなく、

悩んでいる内容を掲載し、

具体的に解決策を提示し、

安心感を伝える

そこに注力することが

ランディングページでは重要です。

 

 

ツァイトでは

ランディングページの記事作成は

オーナー様にご用意いただきますが、

デザイナーとして、

クライアントの悩みや理想をカタチにしてきた経験を元に、

ランディングページの構成や

記事の編集、キャッチコピーの考案など、

他のホームページ制作会社では行えない業務も承っております。

 

お問い合わせは無料です。

お気軽にご連絡ください。

 

https://zeit-design.com/contact.html

ページ移動

ユーティリティ

©zeit

top
about

project
 space
 web
 logo
 flyer
 sign

workflow
price
blog
contact