blog

エントリー

オフィス設計【応接室デザイン】

 

応接室のデザインは室の広さと

取引先によって、

デザインが変わります。

 

【広さによるレイアウトの違い】

まず、広さによるレイアウトの違いですが、

置ける家具が変わります。

椅子座にするか、ソファ座にするかは、

室の広さによって変わります。

椅子とソファでは、

家具自体の大きさの違いもありますが、

必要とする家具周りの寸法も変わるからです。

 

 

一般的な家具の大きさ

椅子

ワイド、450550mm

奥行き、500550mm

 

1人掛けソファ

ワイド、650900mm

奥行き、750900mm

 

23人掛けソファ

ワイド、15002200mm

奥行き、750900mm

 

と椅子とソファでは、

ワイド、奥行き共に200ミリ以上の差があります。

 

 

必要なテーブルサイズ

4人テーブル(椅子座)

ワイド、14001600mm

奥行き、700900mm

 

4人 円テーブル(椅子座)

直径、1000mm

 

6人テーブル(椅子座)

ワイド、18002400mm

奥行き、700900mm

 

4人ローテーブル(ソファ座)

ワイド、10001500mm

奥行き、500700mm

 

5,6人ローテーブル(ソファ座)

ワイド、16002000mm

奥行き、500700mm

 

テーブルのサイズも、

椅子とソファでは変わります。

テーブルの高さは、椅子座の場合、700750mm

ソファ座の場合は、350550mm

高さも変わり、

テーブルと椅子、ソファとの間も寸法が変わります。

 

ソファは広いスペースに設置します。

スペースに余裕がない場合は、

椅子座にします。

そして、テーブルサイズを決め、

椅子の脚数を決めます。

 

レイアウトを失敗すると

動線が確保できず、使いづらい応接室となりますので注意が必要です。

 

【取引先によるデザイン】

取引先によって、応接セットは変わります。

VIPをおもてなしする空間を構成する場合は、ソファ座にします。

限られたスペースでも、ソファをレイアウトできるよう

家具のサイズに気をつけながらレイアウトします。

 

通常の取引先との打合せがメインである場合は、椅子座にします。

 

ソファと椅子の違いは、

寸法の違いだけでなく、

おもてなしの場とするかどうかが

重要なポイントとなります。

 

そして、

打合せ内容で、筆記が必要かどうかを考えます。

筆記が必要な場合は、椅子座にし、テーブルで筆記できるようにします。

 

筆記が必要でVIPとも打合せしたい場合は、椅子のグレードを上げ、

おもてなしできる空間を創ります。

アーム付きのレザー貼りなど、意匠的に優れた椅子をレイアウトし、

VIPの方にもご納得いただける空間をデザインします。

 

 

ツァイトでは、

2名の小さなオフィスから、100名を超える大型オフィスまで、

幅広く手がけてまいりました。

その中で、クライアント様によって求める内容に合わせ

空間のデザイン、家具のご提案をさせていただいております。

弊社の強みは、国内製品以外にも、海外製品の家具知識があることです。

国内製品では、物足りない方には、海外製品で優れたデザインの家具をご提案させていただきます。

VIP対応のバランスの良い打合せチェアもありますので、お気軽にお問い合わせください。

https://zeit-design.com/contact.html

ページ移動

ユーティリティ

©zeit

top
about

project
 space
 web
 logo
 flyer
 sign

workflow
price
blog
contact