blog

エントリー

店舗設計【飲食店 カウンター席】

 

飲食店で、カウンター席を設ける場合、気をつけなければならないのが、スタッフと顧客の目線高さです。

 

カウンター内に、厨房機器があり、床下配管が必要な場合は、

スタッフ側、カウンター内の床レベルが高くなります。

低くても200ミリは上がります。

 

ホールとカウンター内で床レベルの差が生まれ、

スタッフの目線は顧客の目線より上になり、

顧客を上から見下ろす形になります。

 

また、ホールとカウンター内の床レベルが同じでも、

椅子に座った顧客の目線と

カウンター内で立っているスタッフとの目線高さは300ミリ近く変わります。

この場合も、先程と同じようにお客様を見下ろすことになります。

 

お客様のことを考えれば、

見下ろされるのは気分が悪いですし、

居心地が悪いことに気付くと思います。

 

ですので、カウンターの高さは、気をつけて決めなければなりません。

 

 

そして、前回お話した、厨房の床レベルを考慮し、

カウンター内の床レベルを決めなければなりません。

 

カウンターだけを考えるのではなく、

全体を考慮して設計することが必要です。

 

 

飲食店は、他の店舗設計と違い、

考えなければならない要素が多く、大変難しいです。

 

床面積が広い店舗であればあるほど考えなければならないこと、

調整しなければならないことが増えます。

 

 

zeitでは、小規模の飲食店から100坪を超える飲食店まで手がけた経験があるスタッフが、担当させていただき、工事完了、お引渡しまで、責任を持って店舗設計させていただきます。

ページ移動

©zeit

top
about

project
 space
 web
 logo
 flyer
 sign

workflow
price
blog
contact