blog

エントリー

店舗設計【飲食店 テーブルサイズ】

 

テーブルのサイズは、

提供する料理によって目安があります。

 

カフェなどで、ドリンクとサンドイッチなどの軽食を提供するお店であれば

600×奥行600

あれば問題ありません。

 

ドリンクがメインで、

あとはスナック程度であれば、

500×奥行600でも

ギリギリ大丈夫です。

お皿に乗った食事を提供した場合、

2人対面で座るのはかなり狭くなり、ドリンクを落とす可能性が高まるので、

軽食を提供するのであれば、600幅以上にします。

 

600×600は、狭いテーブルになりますので、

居心地を考えるとお勧めできません。

 

通常1人テーブルは

700×奥行700

を使用します。

 

イタリアンやフレンチなど

大きなお皿を使っているお店は、

800×奥行800以上の大きさにします。

 

4人テーブルの場合、

1600×奥行800以上がベストです。

カフェなどでは、

1400×奥行700でも問題ありません。

 

居酒屋など、大人数でシェアして食べるスタイルでは、

奥行を800900にし、

大皿と取り皿が置ける大きさにします。

 

狭いとお皿が置けないテーブルになり、

オペレーションに困ります。

料理が運べない

お皿をすぐに下げないといけない

ドリンク、料理、お箸を落としやすい

など、オペレーションに負荷のかかる問題がでてくるので、

注意が必要です。

 

 

【テーブルの高さ】

通常のテーブルと

ハイテーブル、

ローテーブルでは、

人が座るために必要な寸法が変わります。

椅子を引く寸法、

座面の寸法、

テーブルと椅子の配置寸法

この辺を理解し、

レイアウトをしなければなりません。

 

ハイテーブルは、

座った時に足が邪魔にならないので、

省スペースで使えるのですが

座り心地が悪いので、

心地良い空間でゆっくり過ごしてもらうためには、

使用を避けましょう。

 

ローテーブルは、

ソファ席などで使います。

ソファ席の場合、椅子を引いて座ることがないので、

ソファとローテーブルとの寸法は、

足が入ることを考えレイアウトします。

ページ移動

©zeit

top
about

project
 space
 web
 logo
 flyer
 sign

workflow
price
blog
contact