blog

エントリー

店舗設計【飲食店ファサード】その4

 

【入りやすさ】

入店しやすいファサードデザインを考えます。

入るかどうかを躊躇してしまう店構えは、

 

・店内の雰囲気が分からない

・席が空いているか見えない

・お店に入る決め手がない

などです。

 

入りにくいデザインと逆のことを考えれば、

入りやすいファサードデザインとなります。

入りやすいデザインのメインとなるのは、

・ファサードでお店の雰囲気を伝えること

・外から店内が見えること

・具体的に美味しそうと思えるビジュアルがあること

上記3点が必要になります。

 

店舗を作る時にまず、

提供する商品やサービス、席数、オペレーション、ターゲットを考え、お店のコンセプトを考え、オープンに向けて準備して行きます。

ファサードでお店の雰囲気を伝えるとは、準備段階で考えたコンセプトを表現することです。

提供するサービス、ターゲット、コンセプトに沿ってデザインすることが重要なポイントです。

そうすると自然に、お店側が来て欲しい顧客を魅きつけることができ、集客につなげることができます。

狙ったターゲット層に来てもらえるようになると、新規顧客とリーピーターのバランスが良くなり、

売上が安定するようになります。

 

(つづく)

ページ移動

ユーティリティ

©zeit

top
about

project
 space
 web
 logo
 flyer
 sign

workflow
price
blog
contact