blog

エントリー

店舗設計【飲食店 ファサード】その5

 

【入りやすさ】-外から店内が見えること-

 

 

コンセプトの表現と同じように重要なことは、店内の様子が分かることです。

 

入り口をガラス扉にしたり、

窓を設けたりし、店内の様子を、外から見れるようにします。

この時に気をつけなければならないのが、

店内の顧客の目線です。

 

外から見えることだけを考えてしまい、

店内から外がどのように見えるのかを考慮しなかった場合、

店内の顧客の居心地が悪くなり、リピート客になってもらえません。

 

一つ一つのポイントを盛り込むことに集中するのではなく、

全体を見て、トータルで店舗を設計デザインすることが重要です。

 

また、店内が見えるだけで安心してはいけません。

 

店内を見えるようにし、そして、店内の様子が印象良くなるよう、

ファサードのデザイン、環境に気を配りましょう。

 

ガラス窓があっても、外観がゴチャゴチャしていれば、印象が悪くなり、

集客につながりません。

 

(つづく)

ページ移動

ユーティリティ

©zeit

top
about

project
 space
 web
 logo
 flyer
 sign

workflow
price
blog
contact