FUNERAL_DESIGN

salanoki

北海道岩見沢市の家族葬ホールを設計させていただきました。
少し贅沢をして、家族全員が寝泊りできる宿を一軒貸し切るようなイメージで、故人との最後のひとときを良い思い出にしていただきたいという思いでデザインしました。
気兼ねなく、家族団欒できる空間として、日本のトラディショナルな雰囲気と、日常的な住宅の 雰囲気を感じていただけるようなデザインを目指しました。
木造在来工法の平家で設計させていただきました。

【式場/家族葬ホール サラノキ】

葬儀場デザイン

24名対応の葬儀場ホール。(最大は30名対応可能)
仏教三大聖木のひとつ、「沙羅の木(沙羅双樹)」をデザインに入れて欲しいというご要望を踏まえデザインしました 。「沙羅の木」は、お釈迦様が最期を迎えるときに、対になったこの木の間で入滅したことから仏教を象徴する木となります。
「和」のイメージで、安らかに眠っていただけるような、落ち着きのある空間を設計していきました。

今回の祭壇には仕掛けがあり、正面の一番奥の壁は、襖になっており開くことができます。
開いた中には、御本尊(観音像)を収納し、宗派によって御本尊が表にでてくるように考えました。
宗派の違う葬儀の場合は、掛け軸を使うことになりますので、掛け軸をかけられるように設計しております。

和モダン葬儀場

祭壇周りの家具はオリジナルデザインで中国で製作しました。
奥の祭壇は造作で固定祭壇とし、棺台から焼香台までをデザインしています。
焼香台や鈴台は格子を使い、抜け間を出し軽いイメージになるように考えました。
椅子は、長くお使いいただくことを考え耐久性のある木目調のアルミチェアにしました。

そして、式場の右側には大開口を設け、リビングと繋がるように設計しています。

おしゃれ葬儀場

列席者様の体調に合わせリビングで式中もお過ごしいただけるように考えました。
また、近年は明るい雰囲気も好まれるので、間仕切りをオープンにし、太陽光が室内に入るように設計しています。

北海道岩見沢市は豪雪地帯らしく、冬は雪に埋もれる地域です。
今回、式場は土足エリアで靴(長靴)のまま入れる仕様で、滑らないタイルを選定しています。
木目で滑らないタイルが数少なかったので、イメージに合うものを探すのに苦労しました。

【控室/LDK ボダイノキ】

大窓のある和モダンなリビング

控室は、畳とフローリングをミックスした和モダンなリビングにしました。
リビングを和室にすることで、食事をしたり、布団を敷いて宿泊したりできるように考えています。
限られた予算の中で、費用を落とすためには建築面積を小さくする必要があります。
その時には、様々な用途で使えるようにフレキシブルなデザインを提案するようにしています。
今回のリビングは、ダイニングとして、宿泊室としてお使いいただけるように設計しています。
足の不自由な方やお年寄りが泊まりやすいように、ベッドルームは奥に用意してあります。

和モダン葬儀場

床座がしんどいお年寄りのことを考え、ソファでくつろげるスペースを設けました。
ソファに座っていても、座卓を囲む輪の中に入れるようにレイアウトやソファの高さに注意をしデザインしました。
ソファや座卓もオリジナルで製作しています。
室内に観葉植物があると雰囲気が柔らかくなり、リラックス効果がアップします。
設計時にはできるだけ、植栽をいれられるように考えご提案するようにしています。
今回は、メンテナンスが不要な、フェイクの観葉植物(ベンジャミン)をいれさせていただきました。

おしゃれな洗面所
木に囲まれたトイレ

洗面所とお手洗いも木目を活かしたナチュラルな空間をデザインしました。

【ロビー】

和モダン葬儀場ロビー

ロビーはシンプルに、白壁とタモ材の格子建具そして、グレーの床材で小さなホテルのようなイメージに仕上げました。
ロビーには、この土地にゆかりのあるものを使用したかったので、北海道の浜辺で流木を探し、壁面の意匠としてディスプレイしました。

タモ材室名サイン

ホテルライクなロビーでは、室名サインにもこだわりを。
オリジナルの室名を名付け雰囲気に合うようにタモの集成材をベースにカッティングシートで製作しました。
室名は仏教三大聖木の「沙羅双樹」→(サラノキ)・「菩提樹」→(ボダイノキ)・「無憂樹」→(アショカノキ)から名付けました。

ホテル室名サイン
和モダン室名サイン

【多目的室/僧侶控室 安置室 更衣室】

僧侶控室・多目的室

僧侶控室として、安置室として様々なシチュエーションで使える多目的室です。
ご安置と控室としての利用が重なった時には、棺を気にならないように置き式のパーテーションをデザインしました。
控室としての雰囲気を壊さないよう、パーテーションに意匠を施しました。

【外観】

大屋根の家

冬の厳しい寒さにも耐えうる建物として、研ぎ澄まされたデザインになりました。
コストを抑えるため、外部はシンプルなデザインとなっています。

エントランスサイン
野立てサイン
駐車場ポールサイン

駐車場に設置する「僧侶専用」のポールサインです。
既製品の樹脂サインに、表示面をデザインしサインにも統一性を持たせています。

【Plan:平面図】

平面図

【Data:概要】

工事種別:新築改装
床面積:約46坪
初回打合せから着工までの期間:7ヶ月
工期(着工から引渡しまで):6ヶ月
工事費(参考価格):約120万円/坪
(建築工事、外構工事、内装工事、設備工事、設計費、家具費)



top トップページ
profile 会社案内

project 事業内容
 store 店舗デザイン
 office オフィスデザイン
 funeral 葬儀場デザイン

design デザイン事例
 space 空間デザイン
 web ホームページ制作
 logo ロゴ・キャラクター
 graphic チラシ・冊子・看板

workflow ご依頼後の流れ
price 価格
blog ブログ
contact お問い合わせ