blog

エントリー

オフィスデザイン【コロナ禍の感染症対策を考える】

 

現在、コロナ第二波に襲われ、

感染症にかかるリスクが高い状況下にあると思います。

 

経済がストップした状況での打撃は、

経営者として身を以て感じたのですが、

今後は、感染症と共存を考えつつ生きることを

考えていかなければならないと

強く思っております。

 

まず、オフィスのあり方をより深く掘り下げていこうと思います。

 

 

今後の【フリーアドレス】レイアウトはどうするか?

を考えたいと思います。

 

 

執務デスクは、

個人専用の固定席と

自由に選べるフリーアドレスがあります。

 

フリーアドレスデスクには、

毎日違う景色を楽しめ、

気持ちをリフレッシュする他、

プロジェクト毎にチームで集まり作業することができる、

フレキシブル性があります。

そして、普段接点のないスタッフ同士がフリーアドレスで近くに座ることで、

コミュニケーションが生まれ、

新しい情報交換をする場を作ることができるメリットがあります。

 

フリーアドレスを構成するデスクは、

大きなデスクに数人が座る方法が採用されますが、

その他に、カフェの様な小さいテーブルで作業ができるようにしたり、

カウンター席で作業したり、

半個室のブースを用意したり、

床に座って作業できる小上がりにしたり、

様々な方法で執務エリアをデザインすることができます。

 

 

そして、現在、コロナ第二波の影響で、

働き方をよりシビアに考えなければならない状況となりました。

 

基本的には、テレワークで在宅ワークをし、

月に数回出社し、社内ワークをするスタイルが増えているように思います。

その数回の出社日でも、三密を避けることを意識しなければなりません。

当面は、三密を避けたオフィスのレイアウトが求められます。

 

 

プロとして健康管理は必須条件ですが、

感染症は個人の健康管理だけでは防げないものだと思います。

企業側が、スタッフの健康のことを考え、

環境を整えることで

感染症への恐怖を払拭し、

働きやすい職場をつくることができます。

 

 

 

さて、今後のことも考え、どの様に三密を避けたレイアウトをすれば良いでしょうか?

 

(つづく)

葬儀場の設計 家族葬 その3

 

【必要な部屋】

 

家族葬の施設は様々なスタイルがあります。

施設の規模によって、施設内に設置できる部屋が変わります。

 

最低、式場と会食室があれば、葬儀は行えます。

その他、宿泊室や、湯灌室、納棺室、親族控室、僧侶控室、安置室など、

規模やサービスによって部屋数を変え、設計していきます。

 

 

全ての部屋を設けることができない場合は、

様々な場面で使える多目的室を一室設けます。

 

多目的室は、様々な用途で使うので、

使い勝手を考えながら、設計を行います。

 

また、小さく分けた部屋を数室用意するよりは、

大きい部屋を一つ用意する方が、使い勝手がよくなります。

 

 

大きい多目的室は、僧侶控室として使いつつ、

御安置室としても使用するように、

重なって使用する場合も出てきます。

 

その際に、空間をうまく間仕切れることも重要です。

 

ご遺体の横でお寺さんにお待ちいただくことは失礼になるので、

その時には、棺が気にならないように目線を遮るものを設置します。

目線を遮るものも、空間を彩るものですので、

空間に合うオリジナルのデザインで制作します。

 

 

多目的室の使い方がある程度分かっていて、

毎回同じ場所で間仕切りが必要な場合は、

カーテンを設置したり

スチール製や木製の移動間仕切を設置し、

空間に合ったしつらえでデザインすることができます。

 

使い勝手が決まっていない場合は、

置き型のパーティションなどを置き、

その都度、自由に間仕切れるものをデザインします。

 

 

葬儀場のあり方も変わってきて、

必要な部屋も変わってきています。

今求められる葬儀場のデザインを今後も、追求していきたいと思います。

 

つづく

葬儀場の設計【家族葬】 その2

 

【設計者として感じること】

家族葬を設計させていただいていて感じることがあります。

 

 

葬儀とは、

亡くなった方の為に行う日ではありますが、

同時に、ご家族が気持ちを整理する日だと感じます。

 

そのため、私は、

悲しみの中にいる残されたご家族に、

故人と向き合える時間を作れるような

空間を設計したいと思っています。

 

 

 

ご家族が葬儀の準備をすることは

簡単なことではありません。

 

 

慌ただしく葬儀場を決め、

日取りを決め、

知人に連絡。

葬儀中に流す曲目や、

演出、お花、祭壇などのプラン決めなど...

慌ただしく短い期間に準備します。

 

そんな慌ただしい中でも、

準備をしながら、故人を偲び、

故人の為にと葬儀の準備をされています。

忙しいからといって、

適当に決めるのではなく、

きちんと故人のことを考えながら。

 

 

そして、最後のセレモニーで、

故人にしてあげたいこと、

葬儀で表現したいことがでてくると思います。

 

それを、少しでも実現できるような場をデザインし、

ご家族のご要望が叶えられるような施設を、

オーナー様と一緒に考えていきたいと思っています。

 

 

 

家族葬ホールは、

故人とご家族のための葬儀施設です。

 

ご家族にホッとしてもらい、

故人と過ごす最後の時間が、

一生の想い出になるような空間を

これからもデザインしていきたいと思います。

ユーティリティ

©zeit

top
about

project
 space
 web
 logo
 flyer
 sign

workflow
price
blog
contact